読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく思ったこと。

KAT-TUNについて。

UNLOCKがカップリング含め素晴らしい件。

最新シングルで1番感想が新鮮なので。
いやはや、やはりKAT-TUNは素晴らしいです。カップリングの完成度。安定です。

1,UNLOCK

イントロのギターから中毒性がありますね。もうイントロからあ、良曲だということが感じられる。そして冒頭の英語でのウィスパーボイス。ドラマで聴いた時はいつもこういうのは中丸くんの担当なので、中丸くんかと思っていたらまさかの亀梨くん。いいですね。亀梨くんが英語喋ってるの大好き芸人なので嬉しいです。そして歌い出しも亀梨くん。「濁り混じったダイヤモンド」ずるいなあ。怪盗山猫を踏まえてのこの歌詞。そして、どのパートも終わりにも英語が連なっています。歌うメンバーによって、箇所によって歌い方の違い、発音の違いを堪能できていい。
そしてサビ。耳に残ります。「HELLO,CRAZY!!」冷静考えればおかしいです。挨拶された途端狂ってるだなんて。でもそれがまかり通るKAT-TUNとこの曲の格好良さ。いつも通り英単語がたくさんあり、歌いづらい曲ですが、それでいいです。それこそKAT-TUNです。またこの曲は久しぶりに中丸くんのボイパが入っています。これがカッコいいのなんの。いいスパイスになっています。3人のソロ、中丸くんのボイパからの亀梨くんのソロ。もう流れが格好いいし、1番の見せ場を歌う亀梨くんの歌い方がもう好きにならざるをえない。この曲は割と皆歌い方にクセをつけていますが、亀梨のクセのつけ方、ほんとにクセになります。KAT-TUNの王道とも言えますが、今のKAT-TUNだからこそ歌えるスタイリッシュさもあると言えます。自信をもって勧められます。
まさかの一曲でこの長文。


2,GREATEST JOURNEY

タメ旅のテーマソング。全体を通して幸福感溢れる曲。そしてみなさんはPVをみてKAT-TUNのギャップに、かわいさにやられているでしょう。歌詞をみてもタメ旅にぴったり。
タメ旅が終わってしまうのはとても寂しく悲しいですね。でもタメ旅とKAT-TUNが出会えたことは大きな財産となるし、4人のうちにこの曲を音源化できてよかったです。この曲は割と平等にパートがふってあり、大サビでは全員にフェイクというか、見せ場があって全員の声が堪能できます。踊りもとてもかわいくて踊りたくなるし、ドライブにももってこいな曲。タメ旅さんありがとう、マッコイさんありがとう。という感謝の気持ちばかり。まさに財産のような大事な一曲になるでしょう。

3,雨に咲く哀、夜に泣く藍

タイトル、作詞作曲者が発表された瞬間から大きな期待を寄せられた曲。亀梨くんが歌いたいと言った曲だそうですね。雰囲気としてはキンキさんという感じなのかな。
聴けば聴くほど、という曲です。単純に好きな所をあげていくと、まず冒頭。そして全部。基本早口で歌う歌は好みです。そして歌詞。どこをとっても、2次元で、KAT-TUNならでは、という感じ。1番の中丸くんの「繋ぎ合わせて生きてはいけないけれど、けれど今」が好き。けれどという明るくない逆接の言葉を二回繰り返すそのセンス。そりゃ期待する。そしてまた中丸くんになってしまうが、2番の中丸くんのパートの「前世がもしも…」の部分。カツン担が嫌いなわけないだろう。そして大サビの亀梨くんのソロ。亀梨くんは割と大サビのソロを務めることが多いですが、その中でも上位に食い込んでくるぐらい良いです。亀梨くんの声はほんとこういう曲に合いますね。カツン担の好みであると思うし、キンキさんの雰囲気も持っているのでキンキ担の方にも聞いてほしい一曲。

3,HONESTY

ゆったりとしたバラード。あえて言えば、TWOと同じ雰囲気。亀梨くん、中丸くんのパートが多いのでしょうか。KAT-TUNにパブリックイメージ通りのイメージを抱いている人には、KAT-TUNもこんなに落ち着いていて温かいバラードが歌えるんだと思ってもらえるし、KAT-TUNの歌声をよく知ってもらえる曲かと。亀梨担なので贔屓かもしれませんが、この曲も亀梨くんのソロが1番好きです。亀梨くんの高音が聴けます。


4,JET

きましたJET!!この曲があまりにもどストライクで好みなのでこの記事を書いたようなもんです。私K-POPの曲も好きなのでこの曲がもう嫌いなわけないです。歌詞だってKAT-TUNじゃなきゃ許されない厨二感溢れる宇宙の世界観。もうイントロからハンパなく掴まれましたよ、心臓。たぶん1日5回は聞かないと1日を終えられない。好きだなあ、うん。好きすぎて冷静に語れないです。こんなカッコいい曲歌えるジャニーズはKAT-TUNしかいないです。KAT-TUNがこんな攻めた曲をシングルの通常盤のカップリングに入れるなんて本当にKAT-TUNは最高。もうね、この曲が好みの人とは仲良くなれる。この曲でPV作ってほしかったな。どこかで披露してほしいですね、楽しみにしてます。



ということで見事に長文!!
今回は全体的に田口くんのパートが少なかったですね。まあ仕方ないことでしょうけど。
田口くんが全力で3月までKAT-TUNを全うするので自分も時間を大切にしたいなと。
アイドルKAT-TUN田口淳之介の一瞬一瞬を見逃さずに過ごしたいですね。